無期雇用について

「無期雇用派遣」とは?

2015年9月30日の労働者派遣法の改正に伴い、労働者派遣は「登録型派遣」と「常用型派遣」の2つに分類されることとなりました。
派遣先での勤務期間中のみ、派遣会社との雇用関係が発生するのが「登録型派遣」。そして、派遣先での勤務期間以外も派遣会社との雇用関係が継続するのが「常用型派遣」です。
近頃、その「常用型派遣」の中でも、契約期間を定めない「無期雇用派遣」という働き方に注目が集まっています。

「登録型派遣」と「常用型派遣」の違い

登録型派遣

派遣会社に登録を行い、派遣先での勤務中のみ雇用契約が発生します。勤務中のみ給与が支払われ、ひとつの派遣先でのお仕事が終了し、次の派遣先でのお仕事が始まるまでの間は給与の支払いは行われません。

常用型派遣

派遣会社に採用された時点で派遣会社との雇用契約が発生します。ひとつの派遣先でのお仕事が終了し、次の派遣先でのお仕事が始まるまでの間は、派遣会社で勤務または待機となり、給与も支払われます。

それぞれの特徴

無期雇用派遣

  • 派遣会社に採用された時点で、期間を定めずに派遣会社との雇用契約を結びます。派遣先での派遣期間が終了しても、派遣会社との雇用契約はそのままです。
  • 派遣先での勤務が中心ですが、派遣先での就業がない時は派遣会社での勤務や待機があります。
  • 派遣先で働いていない期間も、給与が支払われます。

登録型派遣

  • 派遣先での就業が終了すると、派遣会社との雇用契約もいったん終了となります。
  • 派遣先での就業がない時は、派遣会社からの給与は支払われません。
  • 自分のライフスタイルに合わせて、働きたい時期や時間、仕事内容や残業の有無などを選びやすい傾向にあります。
「無期雇用派遣」は、安定を求める方にぴったりの新しい働き方です。「登録型派遣」「常用型派遣」それぞれにメリットとデメリットがあり、自分に合った働き方を見極めることが重要です。